どうでもいいリスク

任意売却を行った場合、金融機関が融資を行うに当たって確認する信用情報に、事故歴が記載されます。
この事故歴によって向こう数年間はローンが組めなくなります。
しかしながら、不動産担保ローンにしても住宅ローンにしても、滞納した段階で事故歴は発生します。
いわば、どちらにしてもぼろぼろになるわけですから、早めに相談をして円満な解決を目指すほうが有意義です。
事故歴を心配するのならば、まず滞納しないようにするべきです。
しかし滞納してしまっている状態だから返済が無理なのであり、その後の問題を可能な限り回避する為の手段が任意売却です。
同じ事故歴持ちになるのであれば、良い結果に繋がるものを選びたいものです。
Read more

解決させる方法

不動産担保ローンなどの滞納によって競売にかけられるぐらいならば、先に不動産を売却してしまったらよいと考える人もいます。
ですが、抵当権が設定された物件は勝手に売却できません。
ですから、その抵当権を先に解除して貰う必要があります。… Read more

競売のリスク

不動産担保ローンの返済として任意売却を行なうべき理由として、競売には何らメリットが存在しないという点があります。… Read more

強制執行される理由

不動産担保ローンなどを契約したものの、滞納することによって返済がおぼつかなくなってしまうことがあります。
そうなってしまうと、担保となった物件は差し押さえられて、競売にかけられて売却されます。
そのような強制執行に当たる行為がなされる理由として、ローン返済が滞った場合はその融資額を一気に返済してもらうというルールが有ります。
ですから、担保とした物件を抵当権に基づいて差し押さえて、競売にかけて売却される流れとなります。… Read more